ハワイ2016 3日目-① ハワイ出雲大社

女性陣のメイクアップの間にハワイ出雲大社へ

ハワイ出雲大社
ハワイ出雲大社

ハワイ滞在3日目。

午後に挙式が執り行われるので、午前中は女性陣がメイクやらヘアセットやらで大わらわ。

新婦が手配してくれたメイクさんが部屋まで来て、女性全員のメイクとヘアセットをしてくれるらしい。

当然男性は対象外で、「式に間に合うようにタイムキーパーでもしてもらおうか」と言われる始末。

折角ハワイに着ているのに午前中ずっと時計とにらめっこなど勿体無いにも程があるので、そそくさと外出することにした。

 

ハワイ出雲大社 - 社号標
ハワイ出雲大社 – 社号標

さて、1人でどこに行こうということになるのだが、ハワイにも寺社仏閣があることを知り、「ハワイ出雲大社」を参拝することにした。

ハワイに出雲大社の分社があるというのは今回調べて初めて知ったのだが、テレビ番組「モヤモヤさまぁ~ず」で紹介され、人気スポットになっているらしい。

1906年に日系移民の為に開設されたのが始まりで、戦時中は社殿等を接収さたり神職の身柄が拘束されたりしたそうだが、戦後に10年をかけた裁判を通して社殿が返還され今に至るそうだ。

祭神に出雲大社が祀る大国主大神の他、ハワイ産土神が祀られているようで、地元との融和を感じる。

 

ハワイ出雲大社へはThe busで

ハワイ出雲大社 - 狛犬
ハワイ出雲大社 – 狛犬

ワイキキから車で30分程の所にあり、人気スポットというだけあって「レアレアトロリー(HIS,ANA)」「OLIOLIウォーカー」(JTB)「レインボートロリー・レインボースカイ」(JAL)と、いずれもトロリーの停留所があるようなのだが、今回はいずれのツアーも利用しておらず、単発で使うにはいささか高いので、前日にも使った「The Bus」で向かうことにした。

前日と同じ20番路線でホテル最寄りの「リリウオカラニ」バス停から意気揚々とバスに乗り込む。

 

ハワイ出雲大社 - 手水舎
ハワイ出雲大社 – 手水舎

停留所を2つ程通過したところで御朱印帳を忘れたことに気付き、慌ててバスを降り徒歩でホテルまで戻った。

ホテルに着くまでのやるせなさは何とも言えないものだったが、早目に気付いて良かった。

今度はしっかりと御朱印帳を持って気を取り直してバスに乗り、30分ほど揺られた後、「Beretania & River」停留所で降りる。

 

ハワイ出雲大社 - 社務所
ハワイ出雲大社 – 社務所

そこから徒歩で5分位なのだが、事前にGoogle Mapで現地の様子を調べていたので、迷うことなく移動することが出来た。

Google Mapでの下調べは本当に便利で、良い時代になったものだと思う。

その辺りは治安が悪く、夜は出歩かないほうが良いという情報もあったので身構えていたのだが、人々が川沿いのテーブルでカードゲームに興じている横をすんなり通り抜けることが出来た。

間もなく川の対岸に鳥居が姿を現す。

 

ハワイを随所に感じるハワイの中の日本

ハワイ出雲大社 - お守り
ハワイ出雲大社 – お守り

境内は狭く、鳥居のすぐ向こうに拝殿がある。

手水舎で手を清めると、事前情報の通りペーパータオルがあって重宝した。

これは日本に逆輸入しても良いシステムかもしれない。

石段の途中に鎮座する狛犬にはハワイらしくカラフルなレイが掛けられており、心なしか狛犬も嬉しそうだ。

拝殿の中にはネオンサインで出雲大社教の「大」のマークが輝いており、こちらも日本では見かけない光景。

 

ハワイ出雲大社 - 御朱印
ハワイ出雲大社 – 御朱印

参拝の後、隣にある社務所に訪れると10人ほどの日本人で混み合っており、やはり人気スポットなのだと感じた。

そこで御朱印と、義妹から頼まれていたお守りを頂く。

御朱印には大きく「ALOHA!」の文字が踊り、日本では得難い御朱印を頂いたことに満足し、帰路に着いた。

帰りのバス停に着いた途端に土砂降りの雨が降り出し、間一髪だった。

結婚式があいにくの雨になってしまうのかと心配しながらホテルに戻ったが、バスから降りる頃には雨があがっており、ほっと一安心した。

さて、いよいよ結婚式が始まる。

 

<関連記事>

ハワイ2016 1日目-① 渡航~ショッピング
ハワイ2016 1日目-② ホテル、夕食、花火
ハワイ2016 2日目-① パールハーバー
ハワイ2016 2日目-② ワイキキビーチとハワイアンステーキ
ハワイ2016 3日目-② 結婚式

[blogcard url=”https://rebirthia.me/shrines-temples/izumo-ooyashiro”]

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ   にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ