御朱印帳

kofuku-ji_0002
御朱印帳と一口に言っても、いろいろな種類があるようだ。
まずサイズ。「11cm × 16cm」のものと「12cm × 18cm」の2種類があるらしい。
先日興福寺では、表紙の色や柄で写真の大きい方の御朱印帳を選んだ。
小さい方が一般的で持ち運びも楽のようだが、大きい方が良いこともあるようだ。

それから綴じ方。蛇腹式のものと綴じているものがあるようで、蛇腹式の方が一般的のようだが、やはり蛇腹のほうがそれっぽい

引用:韓web
引用 from 韓web

それからなんといっても色柄。 私は形から入る派なので、ここはこだわりたい。
こちらで紹介されているように、各寺社オリジナルの御朱印帳や限定の御朱印帳もあるなど、御朱印帳だけで1つのコレクションになりそう。
妹はこの中の寒川神社の御朱印帳を使っていた。これがまたかっこ良くて、御朱印に興味を持った一因と言えるだろう。
近場で手に入るかっこいい御朱印帳というと、やはり「大将軍八神社」の御朱印帳だろうか。「晴明神社」も捨てがたい。

引用:www.jingukaikan.jp
引用 from www.jingukaikan.jp

あと、神社用とお寺用で御朱印帳を分けるか分けないかという選択もあるようだ。
妹は特に分けずに1冊を持ち歩いていたが、私はやはり神道と仏教は別物であるので、分けたほうが良いという考えだ。
お寺用は既に購入したので、神社用を購入しなければならない。

いろいろと調べて考えた結果、形から入る私としてはやはり最初に「伊勢神宮」に参拝して、限定御朱印帳に伊勢神宮の御朱印を頂くことにした。
思い立ったらすぐ行動ということで、今日の帰省の折に伊勢神宮にお参りすることにした。
自分はこんなに行動派だったかなーと思ってしまうが、趣味とはそうものかもしれない。

 

神宮参拝の記事はこちら。

[blogcard url=”https://rebirthia.me/shrines-temples/naiku”]

大将軍八神社参拝の記事はこちら。
[blogcard url=”https://rebirthia.me/shrines-temples/daishogunhachi-jinja”]

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ   にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ