33rd Birthday Dinner

このたび、33回目の誕生日を無事迎えることができました!

そういえば自分って何歳になるんだっけ? と自分の年齢に無関心になっている自分の気づき、僅かながらもショックを受ける今日この頃。

JCB The Class Cardを持ってから、指定の高級レストランや料亭で一人分の料理が無料になる「グルメベネフィット」というサービスを活用して、年2回、自分と妻の誕生日にちょっと豪華なディナーを楽しむことが恒例になっている。

JCB THE CLASSの記事はこちら。

[blogcard url=”https://rebirthia.me/note/jcbclass”]

 

小松屋 - 看板
小松屋 – 看板

年2回くらいは家族でいい物を食べて、子どもにも一流の味に触れさせて、生活に潤いをもたらそうというわけだ。

前回の妻の誕生日には「割烹 湖月」で和食を堪能したので、今年の私の誕生日ディナーはズバリ肉!創業1931年のビフテキの老舗「小松屋」に決定。

食べログでは副菜の評判が良くなかったのが少し気になったが、気にせず予約を入れた。

 

小松屋 - 内装
小松屋 – 内装

場所は北新地、大阪駅前第三ビルのすぐ南側だった。

Since1931の看板が歴史を感じさせる。

店内に入ると、昭和レトロな内装とシェフの笑顔が出迎えてくれた。

幸運にも他にお客さんはおらず、外の喧騒と隔絶された落ち着いたお店だった。

 

小松屋 - ビフテキ
小松屋 – ビフテキ

噂の副菜、シェフが「コラーゲンたっぷりな特製スープ」と紹介してくれた冷製のゼリー状のスープは、食べログで「味が無い」と評されていた通りだったが、ゼリーが溶けていく最後に僅かに変わった風味が感じられた気がした。

その珍味と、口の中です~~っと溶けていく食感を楽しむ料理だと感じた。

主菜のビフテキは事前リサーチ通り「あまり焼かないほうが美味しい」とシェフにおすすめされたので、ミディアムレアでお願いした。

厚みがあるのにとても柔らかく、塩と胡椒のシンプルな味付けが逆に肉の旨味を引き立てていた。

 

小松屋 - 誕生日ケーキ
小松屋 – 誕生日ケーキ

最後に、誕生日ケーキが登場。

幸いにも貸切状態だったので、妻と娘が気兼ねなくバースデーソングで祝ってくれた。

シェフも親子で席まで来てくれて、歌ってくれた。

濃厚なビフテキの後だったので、サッパリしていてとても美味しかった。

娘も美味しいものを食べた時に必ずする、親指を立てたGoodサインをしきりに出して、一流の味に満足したようだ。

店の外に出ると街の喧騒と冬の夜の寒さが身にしみたが、繋いだ家族の手がとても暖かかった。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ   にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ